飛散防止フィルム - 東京・神奈川・埼玉-窓ガラスフィルム施工-ガラスフィルムドットコム

窓ガラスフィルムの種類飛散防止フィルム

地震・台風などの二次災害を防ぐ

飛散防止フィルム

防災フィルム、災害フィルムとも呼ばれます。

飛散防止フィルムとは

飛散防止フィルムとは

強い地震や台風などの激しい風によって窓ガラスが割れると、鋭い破片が周囲に飛び散ることがあります。この飛散したガラス片は、避難が必要な際に通路を塞ぎ、移動が制限されたり、破片に触れてケガをするなど、二次災害の危険性が高まります。
同様に、窓ガラスに人や物体が衝突する「不慮の事故」も予測できない頻度で発生しています。

飛散防止フィルムを窓ガラスに貼ることで、これらの災害、事故によるリスクを大幅に軽減する効果(減災)が期待でき、窓ガラスの安全性を向上させることができます。

こんな方におすすめ

  • ガラスの破片でケガを心配している方
  • 製品にガラス片が混入するのを防ぎたい方
  • 破れたガラスによる家具や商品の破損を防ぎたい方
  • 台風ごとに窓ガラスに養生テープを貼る手間が面倒な方
  • 突然の地震に備えて安全な環境を整えたい方

飛散防止フィルムの特徴

1ケガの回避対策になる

災害時には様々な危険があります。地震や台風で割れたガラスが飛来や落下する事による被害や、窓ガラスへの衝突事故時にケガを負うリスクを軽減します。
飛散防止フィルムは、ガラスが割れて飛散するのを防ぐことができるので安心です。

2家財や商品などの破損対策になる

割れたガラス片がご自宅の床や大切な家具、家電を傷つけてしまいます。
法人様のオフィスでは、窓際にあるOA機器の故障の原因となります。製造工場では製品にガラス片が混入してしまいます。
飛散防止フィルムは、それらを防ぐ、もしくは軽減することができます。

3紫外線を99%カット

飛散防止フィルムは、有害な紫外線を99%カットします。お肌に有害な紫外線は、日焼けによるお肌のトラブル(シミ、そばかす、しわ等)の原因となると言われています。
シミ・ソバカスは、紫外線をうけてDNAが傷つき、変質した色素細胞メラノサイトのメラニンの異常分泌によるもの。シミ・ソバカスができてからの美白ではなく、常日頃からの紫外線対策が重要です。
また、大切な家財や商品を日焼けや色褪せから守ります。

4透明性

飛散防止フィルムは、薄くてなめらかで透明感があり、ガラスの開放感を損ないません。高い透明性があるので室内の明るさはそのままで、貼っても景観をさまたげません。

ガラス飛散防止フィルムが使われる場所

ガラス飛散防止フィルムは、以下のような場所で活用されています。
一般住宅/高層マンション/オフィスビル/病院/介護施設/保育施設/学校/工場/スーパー、コンビニエンスストアなどの店舗 など

ガラス飛散防止フィルムは、以下のような場所に貼られています。
窓際(住居やオフィスのガラス)/ショーウィンドウ/自動車のガラス/エレベーターやエスカレーターのガラス/屋内外の間仕切り/食器棚、テレビ台などの家具のガラス部分/ダンススタジオの鏡 など

飛散防止フィルムの施工事例

  • 初回限定 初めてご利用の方 10%OFF
  • 平日がお得! 2回目以降のお客様 平日施工でお得! 5%OFF
初めてご利用の方 10%OFF 詳細をみる