日射調整フィルム - 東京・神奈川・埼玉-窓ガラスフィルム施工-ガラスフィルムドットコム

窓ガラスフィルムの種類日射調整フィルム

暑さ・眩しさ対策に、夏の省エネ効果も

日射調整フィルム

遮熱フィルム、断熱フィルム、省エネフィルムなどとも呼ばれます。

日射調整フィルムとは

窓ガラスは採光により室内を心地よい空間に演出できますが、夏季には窓際が日射熱によりジリジリとした不快な暑さになり、部屋が冷えにくくなる問題が生じます。
日射熱対策としてカーテンやブラインドを使用する方法もありますが、これにより採光が制限されたり、景観が悪くなる、室内が暗くなるといったデメリットがあります。

窓ガラスからの日射熱を軽減するためには、日射調整フィルムが効果的です。
このフィルムは日射熱を反射・吸収し、効率的に室内に熱が入り込むのを防ぐため、冷房の効果が向上します。そのため、電力消費が軽減され、省エネ効果が期待できます。
また、有害な紫外線も99%以上カットし、薄く滑らかで透明感があり、窓ガラスの開放感を損なうことなく利用できます。窓際のまぶしさを抑える遮光タイプも選択できます。

こんな方におすすめ

  • 日当たりが良く、冷房の効きが悪い
  • 西日が強くて部屋が暑く、不快
  • 日差しが強いためカーテンを閉めっぱなしの方
  • 電気代が高く、省エネ対策を考えている方

日射調整フィルムの特徴

1日射熱対策

日射調整フィルムは、窓ガラスからの日射熱を反射・吸収し、室内に熱が入り込むのを効果的に防ぎます。
これにより、部屋の過度な暑さを和らげ、冷房の効果を向上させます。

2省エネ効果

日射調整フィルムの使用により、室内への日射熱の侵入を軽減するため、冷房の電力消費が低減します。
省エネ効果が期待できるため、エネルギーコストの節約に寄与します。

3紫外線を99%カット

防犯フィルムを貼ると、ガラスを透過して内部に侵入してくるUVA を99%カットできるので紫外線対策として有効です。有害な紫外線をカットすることで、日焼けによるお肌のトラブル、家財の色褪せや劣化対策をすることができます。

4透明性とデザイン性

日射調整フィルムは薄くてなめらかで透明感があり、ガラスの開放感を損ないません。
さらに、様々なデザインや遮光タイプが用意されており窓ガラスの美観を保つことができます。

5遮光効果

一部の日射調整フィルムには遮光機能が組み込まれており、まぶしい日差しを抑えることができます。
特に窓際での作業やリラックスしたい場面で適しています。

日射調整フィルムの種類

1透明タイプ

image:透明タイプ

太陽熱を効果的に遮断しながらも、ガラスの透明感を損なわないものです。透明性が高く、外観の変化がほとんどないため、人気があります。フィルムには透明色やわずかに色味がかかったものがあり、窓ガラスの見た目を変えずに暑さを緩和したい方に適しています。

2ミラータイプ

image:ミラータイプ

最も人気のある窓ガラスフィルムで、高い反射効果と優れた遮熱性能を備えています。日射熱や眩しさを軽減するだけでなく、ミラー効果により日中の目隠しも可能です。外から室内は見えにくくなりつつ、室内から外の景色は確認できます。
ただし、夜間には逆に室内が外から見えるため、カーテンやブラインドの利用が必要です。

3スモークタイプ

image:スモークタイプ

遮熱機能と日射調整(眩しさ軽減)を組み合わせています。
ミラータイプよりも熱を吸収しやすく、「ガラスの熱割れ」が生じやすい特性がありますが、日差しをしっかりと遮ることで眩しさを和らげることができます。
ミラータイプの反射が好まれない場合にも適しており、様々な色味や濃さがあります。特に濃いめのフィルムは外から室内が見えにくく、目隠し効果も期待できます。

日射調整フィルムの施工事例

  • 初回限定 初めてご利用の方 10%OFF
  • 平日がお得! 2回目以降のお客様 平日施工でお得! 5%OFF
初めてご利用の方 10%OFF 詳細をみる