UVカットフィルム - 東京・神奈川・埼玉-窓ガラスフィルム施工-ガラスフィルムドットコム

窓ガラスフィルムの種類UVカットフィルム

室内でも紫外線・日焼け対策を

UVカットフィルム

紫外線カットフィルム、遮光フィルムとも呼ばれます。

紫外線対策にはUVカットフィルム

紫外線対策にはUVカットフィルム

男女を問わず、紫外線対策の意識が高まっていますが、家の中での対策はまだ一般的ではありません。人体に悪影響を与えるとされる「UV-A」は、窓ガラスを通過して室内に入り込んできます。

「UV-A」は日焼けやシミ、そばかすの原因とされており、また、大切な家具やカーペット、フローリングなどの日焼けや色褪せ、劣化の原因にもなります。

家の中で紫外線対策には、UV-Aを99.9%カットできるUVカットフィルムがおすすめです。
これにより、お肌や家具、フローリングなどを有害な紫外線から守りつつ、日射による室内温度の上昇を抑え、空調コストの削減にも寄与します。

こんな方におすすめ

  • 光は取り入れたいけれども、紫外線が気になる方
  • 室内にいるのに日焼けしたくない方
  • インテリアや家具の日焼けによる劣化が心配な方
  • 紫外線による健康被害が気になる方

UVカットフィルムの特徴

1お肌を守る

お肌に有害な紫外線は、日焼けによるお肌のトラブル(シミ、そばかす、しわ等)の原因となると言われています。
シミ・ソバカスは、紫外線をうけてDNAが傷つき、変質した色素細胞メラノサイトのメラニンの異常分泌によるもの。シミ・ソバカスができてからの美白ではなく、常日頃からの紫外線対策が重要です。

2健康を守る

紫外線でダメージを受けるのは肌だけではありません。目にもダメージを与えて「白内障」や「黄斑変性」を促進します。
日光皮膚炎や白内障などの紫外線の影響で誘発される病気は人だけではなく、猫や犬などの大切なペットも誘発される病気です。

3インテリアを守る

紫外線は、大切な家具やカーペット、フローリング、カーテンなどの日焼け・色褪せ・劣化の原因になります。紫外線・UVカットフィルムはこれらのお悩みを解決する手段の一つです。

4飛散防止になる

地震や台風などの災害時、ガラスが割れて破片が飛散したり落下するのを防ぐことができます。UVカットフィルムを貼るだけで、防災対策になります。

5透明性

UVカットフィルムは、薄くてなめらかで透明感があり、ガラスの開放感を損ないません。高い透明性があるので室内の明るさはそのままで、貼っても景観をさまたげません。

より広範囲な紫外線を防ぐには
高領域UVカットフィルムがおすすめ

標準的なガラスフィルムには紫外線99%カットの性能が備わっていますが、カットできる紫外線の波長域は300から380nmとなります。高領域タイプのUVカットフィルムは紫外線の波長域を280から400nmとより広くカットできます。UV-A(315~400nm)・UV-B(280~315nm)を99%カットします。
より高いUVカット性能をお求めの場合にはおすすめしたいガラスフィルムです。紫外線が原因による日焼けからお肌や家財を守ることができます。

より広範囲な紫外線を防ぐには高領域UVカットフィルムがおすすめ

UVカットフィルムの施工事例

  • 初回限定 初めてご利用の方 10%OFF
  • 平日がお得! 2回目以降のお客様 平日施工でお得! 5%OFF
初めてご利用の方 10%OFF 詳細をみる